健康な生活を過ごしたい方は、リフレッシュしよう

相談

うつ病とは

うつ病とはどんな病気なのでしょうか

あなたはうつ病の症状について知っていますか。 うつ病とは誰にでもなりえる可能性があるとても怖い病気なのです。 はじめに、うつ病の原因についてです。 うつ病になりやすい人は真面目な性格で責任感が強く、ストレスを溜めやすい人が多いと言われています。 あなたはストレスを溜めていませんか。ストレスを溜めているとうつ病になってしまう危険性があるので十分に気をつけましょう。 次に、うつ病の症状についてです。 うつ病にかかってしまった人の多くは、家から出ることができなくなり、人と接するのが怖くなってしまうという症状がでます。 他にも、死にたいなどと言うネガティヴな症状に陥ったりすることもあります。 この病気はとても怖い病気です。

症状をよくするためには

うつ病の症状を良くするにはいくつか方法があります。 一つ目は、家族や友達の助けを借りることです。一人では治すことが難しいので。信頼できる家族や友達に助けを求めましょう。 二つ目は、病院に行くことです。自分がまさかうつ病にかかっているなんてと思っている人も多いと思いますが、気付いていないだけで、症状は出ているのに病院にいかない人もいるはずです。少しでも最近ストレス溜まってると感じる場合や、いつもの自分ではない気がすると思ったらすぐに、心療内科や精神科を受診することを私はおすすめします。 私自身もうつ病になった経験があるので、あの時病院に通って薬を服用して本当に良かったなと思っています。まずは病院を受診してみてください。

うつ病の症状はどのようなものか

うつ病には種類があり、それぞれ症状によって異なります。それではどのような症状を基準にうつ病と判断し、それを種類分けするのでしょうか。 基本的なうつ病の症状としては、「やる気が出ない」「原因のわからない不安」「眠れない・お腹が痛いなどといった身体的症状」などが挙げられます。それらをベースに、うつ病になる一歩手前の状態である「抑うつ病」、嬉しい気持ちや楽しいという感情、物事に対する興味がなくなる「大うつ病」、気分が高まっている状態と、かなり落ち込んだ状態を繰り返す「躁うつ病」、趣味や遊びなどには没頭できるけれども、仕事や仕事上の付き合いに関しては気分が落ち込んでやる気のなくなる現代で問題視されている「非定型うつ病」などがあります。

どのような治療法があるのか

治療の基本となるのは、「ゆっくり休むこと」と言われています。まず、心と体にかかったストレスを減らしていくために、しっかり休みを取ることはとても大切なことです。 それをベースに、「薬による治療」や、「カウンセリング」を行うことで、うつの状態を少しずつ改善し、完治へ向かっていきます。それでは、これらはどのように行われるのでしょうか。 うつ病の薬は、基本的に脳内情報伝達物質の乱れを整え、患者さんの不安を取り除くために使われます。しかし、この薬物治療には眠気やけだるさなどの副作用などがあります。 カウンセリングは、「正直何を話せばいいのかわからない」という気落ちもあると思いますが、基本的には何を話してもよく、カウンセラーの人が面と向き合って話を聞いてくれます。そのことによって気分を軽くしていく治療法です。

Menu