健康な生活を過ごしたい方は、リフレッシュしよう

相談

うつ病と落ち込み

うつ病と正常範囲内のブルーな気分との区分

気分の落ち込み自体は、日常生活の中で誰でも経験するような身近な出来事です。うつ病と正常な範囲内のそれを分ける境界は曖昧です。うつ病における症状の深刻さと、その持続期間により区別しています。専門医は、診断の際に、本人の生活歴や過去の病気の有無から、似たような心の病気を患った家族の有無等、多岐に渡っての詳細な情報と事実確認が必要になります。同時に、面談診断の最中である本人の表情や話し方等についても慎重に診ています。日常生活全般において生じる深刻な機能の低下は、一般に見られるようなブルーな気分とは、比較にならない程の深刻です。うつ病の症状は、以下のものが挙げられます。悲しい気持ちが継続する、涙が出やすくなる、何も楽しめない、普段の活動が著しく消極的になる。イライラが強まり落ち着かない、極度の食欲不振あるいは過食、不眠または過剰な睡眠である睡眠の変化、強い自己否定、肉体的苦痛および自殺願望等です。

身体の不調の背後に隠れている見逃されやすい症状

一般のうつ病と同じく抗うつ薬で症状は治癒されます。うつ病は誰でもかかる可能性がありますが、悪化すると回復するまでには、更に多くの時間と費用を費やします。発症者の過半数は、精神科を受診していません。その主な理由として、精神科は敷居が高く感じる事に加えて、うつの始まりは普段よく見られる身体の不調と重なる場合が多く、気づきにくい事が挙げられます。鬱の初期段階においては、気分の落ち込みがあまり感じられず、頭痛や肩こり、胃痛といった身体の症状だけが明確に確認できるケースがあります。うつ病が背後に隠れているという意味で「仮面うつ病」と呼ばれる状態です。原因は心という場合もあるので仮面うつ病には、早期の精神的なケアにより完治しやすいです。深刻になると、うつ病の症状の中で、最も重大な問題とは、自殺のリスクが高まる事です。適切な治療を施す事により、比較的回復が容易とされる病気である事を認識しておきましょう。

Menu